2012年11月アーカイブ

私が今一番手に入れたい腕時計はSinn(ジン)です。なぜか、シンプルな文字盤にとても興味が惹かれました。
Sinn(ジン)の歴史にも興味がもてました。創業者の"ヘルムート・ジン"はドイツ軍パイロットでした。
2万時間を越える飛行経験を通じて満足できるコックピットロックがないので、自らがずば抜けた視認性を持つパイロットウオッチを開発したみたいです。
"ヘルムート・ジン"は、時計を作っていのではなく「計測機器」を作っているというのが彼の理念でした。使う人が真に求める機能を追求したみたいです。
創業者からSinn(ジン)社を引き継いだ、"ローター・シュミット"社長も使う人が真に求める機能を知り尽くし、追求した人物みたいです。
彼の場合は、異分野から導入した技術を使用し革新的な時計を開発したようです。
その技術力はSinn(ジン)時計に備わる「耐久性」・「持久力」・「防磁性」・「耐傷性」を支える新しいテクノロジーになったみたいです。
その新しいテクノロジーが信頼され、消防レスキュー、GSG9ダイバー部隊などで使用されるようになったみたいです。
Sinn(ジン)の時計はプロフェッショナルたちの要望にお応じる機能性を徹底追求した時計を目標に作られているみたいです。
Sinn(ジン)の魅力はその、熱意が文字盤や、全体的デザインに現れているのかもしれません。
あと、私が気に入っているブランドの時計は、ルミノックス 時計です。
私が今特に気にしていることが、顔の角栓です。 高校時代に友人から貰った油取り紙の虜になり、1時間の授業が終わる度に、油取り紙を使用していました。 友人によく、取り過ぎだと止められていたのですが、取って取っても摂れる顔の油に感動して、止められなくなっていました。 これが原因かは定かではありませんが、皮脂が出やすくなったように思います。 朝起きると、顔の油で何かの料理が出来るのではと思うほどのてかりようです。 寝ぼけていた主人にも、電球と間違われたこともあります。 皮脂が多いせいか、角栓も出やすくなってしまいました。 黒ずみも気になり、いつも以上に洗顔もしてみましたが、余計に皮脂が多くなったような気がしてしまう程でした。 そんな時出会ったものが、毛穴の引き締め効果のある洗顔商品でした。 インターネットでこの商品が人気であるという情報も入手していたことと、丁度イベントで安くしていたということも、購入のきっかけになったと思います。 実際に使用してみると、ぽろぽろと何かが落ちていくのがよくわかりました。 手を滑らせれば滑らすほど、ぽろぽろと落ちていくのが楽しくて、長いときで15分以上は洗顔していたと思います。 ダブル洗顔石鹸いらずということで、この洗顔石鹸1つのみで良いようなのですが、洗い終わりのしっとり感がどうしても気になり、私はダブル洗顔をしてしまっています。 ですが、毛穴は以前より気にならなくなってきました。 なにより、角栓が取れていくのがわかるので楽しくて仕方がありません。 今では商品は安く売られていないので、なかなか購入出来ずにいますが、少しずつ使用している状態です。 これからも手放せないと思います。 毛穴の汚れのない素肌美人になれるように、これからも努力したいと思っています。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

このアーカイブについて

このページには、2012年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。